Edwina Hörl

 

独学でファッションデザイナーを学ぶ。

1990年、オーストリア文化省より実験的なファッションデザインに対して贈られる賞の第一回受賞者。1990年から1993年まで東京のヨウジヤマモトで働き、1996年に自身の名を冠したユニセックス・ブランドをウィーンで立ち上げる。

2000年に東京にスタジオを移し、2004年からはグラフィックデザインスタジオso+baと共同で、複雑なコンセプトのコレクションを中心にアートプロジェクトを展開しています。

Hörlは、異なる文化や社会、そして社会政治的な言説についての議論から導き出された特定のテーマに沿ってファッション・コレクションを制作しています。このアプローチは、ファッションが議論し、挑発し、破壊することができるものであるという強いメッセージを与えています。これらのテーマは、各コレクションの出版物に掲載され、様々な作家によるエッセイを含むことで、より深い考察を促しています。

この芸術的なアプローチと相まって、Edwina Hörlのファッションデザインとクラフトマンシップに対する哲学があります。上質な素材と職人技へのこだわりは、完璧なフィット感を常に追求することにつながっています。Hörlにとって、このフィット感はジェンダーレス、エイジレス、サイズレスである。現代的で流動的なシェイプとシルエットを開発すること、そして、控えめでありながらコレクションごとのムードに強く影響された、心地よい着用感を常に最適化することです。

2020年、Edwina Hörlは自らの製造工程を検証し、コレクションをスタンダードで時代を超えたモデルのグループと、未来への探求的なモデルのグループに分けました:dauerbrenner "classics" と Edwina Hörl "brand new "です。

コレクションとプロジェクトは、彼女のチームの協力のもと、進化していくのです。